So-net無料ブログ作成
検索選択

モノクロの風景  足尾銅山 [関東遺産シリーズ]

6月12日 土曜日

週間天気予報をみると、以降雨マーク


梅雨前の最後のツーリングになるかなと思っていると、三四郎さんから週末おヒマ?メールが届く。



それじゃ、私が行きたかったところに行きますか!!









集合場所の東北道蓮田SAで、HIDEさん・きよティさん夫妻のお見送りを受けました。

20100606_20.jpg
(先週の画像なので、相棒はいません)

このところ、毎週お二人を見ています。   家族より、会っているお二人です。









さて、今日のコースは、日光いろは坂と足尾銅山コースです。






東北道で宇都宮~日光宇都宮道路をとおり、有名ないろは坂を通って、中禅寺湖を目指します。






途中の駐車場までフリー走行(ワルキューレコーナーが苦手なので、勝手においてきちゃった)

でも、いつまでたっても、ワルキューレは現れません。








電話したら、駐車場に入らず、中禅寺湖まで行ってしまったようです。








無事、鳥居の下で落ち合い

20100612_06.jpg

すぐに、第二いろは坂を下ります。

中禅寺湖やいろは坂は、とっても絶景ですが、今日はオマケなので、

写真は、コレだけです。

20100612_04.jpg









いろは坂を下って、早めのランチです。










RANZAN定番ランチを、無理強いしてしまいました。
20100612_13.jpg





この場所、走っていて偶然見つけた、ナイスポイントです。

20100612_10.jpg
石のテーブルとイスで、景色も最高。





このときは、太陽が雲にかくれて、いい感じ
20100612_11.jpg
外で食べるカレーヌードルは、格別だなぁ~

水の流れる音と、遠くで聞こえるモリアオガエルの声、そして、吹き抜ける風が、最高のスパイスです。









そして、足尾町に到着です。










足尾銅山----日本の鉱工業の光と陰


足尾銅山は慶長15年(1610)に発見され、かつては日本一の銅産出量を誇った。
その歴史は、「鉱山近代化」の光と、「鉱毒問題」の陰に彩られている。


近代化産業遺産群と呼ぶにふさわしい場所でした。


ココで、私は、同行者の三四郎さんを忘れて、マイナリストモードに突入です。










ここは、本山製錬所
20100612D_006.jpg





銅の産出量の増加に対応するため、明治17年に直利橋製錬分工場として開設。

当時の先端技術を導入し、生産量が飛躍的に増加したが、同時に亜硫酸ガスの
排出によって煙害問題も発生。

その後、煙害克服のための技術改良が続けられ、昭和31年に「自溶製錬法」、
「電気集塵法」、「接触脱硫法」を応用した脱硫技術を世界で初めて実用化し、
亜硫酸ガスの完全回収に成功。

< 日光市教育委員会事務局 生涯学習課 世界遺産登録推進室HPより>
(今回の説明はココを参照させていただきました)


20100612D_019.jpg

20100612D_018.jpg

20100612D_052.jpg

すばらしい煙突です。




しかし、この本山製錬所は、現在撤去作業が続いています。

20100612D_054.jpg

20100612D_051.jpg

20100612D_053.jpg

20100612D_049.jpg

20100612D_059.jpg

20100612D_063.jpg

20100612D_055.jpg


20100612D_071.jpg

20100612_23.jpg

20100612_24.jpg
これらの本山精錬所は、川を挟んだ対岸の道から見ることができます。



20100612D_075.jpg
でも、この壮大な景観を、写真で伝えることは出来ません。

実際に見ると、ものすごい風景なんです。

阿蘇の壮大な風景が伝わらないと同じように、伝えきれないのが残念。それくらいすごい。

ぜひ、実際に行って、その目で確かめてください。


















鉱山住宅

足尾銅山は多くの就業者をかかえていた。
古河鉱業は、各坑口や工場付近に職員と鉱夫のための住宅地を設け、
社宅として提供した。
また、その共用施設として集会所や共同浴場を備え、住宅地に隣接して神社も置かれた。

20100612D_014.jpg

20100612D_038.jpg



かろうじて、生協の文字が見えます
20100612D_012.jpg
かつては、みんなココに買い物に来たのでしょう



レンガ造りの防火壁
20100612D_010.jpg
業界人、三四郎さんの説明によると、このレンガは、銅を精錬する段階で出来る
燃えカスのようなもので出来ているそうです。

説明を受けましたが、テンションが上がってて、覚えていません。
20100612D_031.jpg













古河橋(ふるかわばし)
20100612D_080.jpg
明治中期までに架設された道路用鉄橋として、現位置に現存する極めて貴重な橋です。

ピン結合形式のボーストリング・ワーレントラス橋で、 各部材はボルトナットとピンで結合し、
現場でのリベット打ち作業を一切省略する手法が用いられている。


20100612D_081.jpg

20100612D_084.jpg












足尾鉄道

産銅量の増加に伴う輸送力の増強のため、古河鉱業を中心に敷設。



20100612D_111.jpg

大正元年には桐生~足尾間が、大正3年には足尾~足尾本山間が開通し、
大正7年には国鉄足尾線となる。
閉山以降も、輸入鉱石や硫酸の輸送に使用されたが、
昭和62年の国鉄民営化とともに貨物列車が廃止。

現在は、わたらせ渓谷鐵道として桐生~間藤間が運行。


20100612D_115.jpg


20100612D_116.jpg

もう、この警報機が鳴ることはない












そのほか、間藤水力発電所跡や
1116.jpg


通洞動力所など
20100612D_121.jpg
近代化遺産がいたるところにあります。




20100612D_129.jpg

20100612D_098.jpg

1118.jpg

20100612D_033.jpg





20100612D_101.jpg

20100612D_094.jpg


通洞坑
20100612_36.jpg
現在は、坑道の一部が足尾銅山観光として利用されており、マイナリストとしては
不本意でありましたが、しっかりと遊んできました。  800円です。




山の中に、何か高い鉄塔があるっ
20100612D_144.jpg


有越鉄索塔 です
20100612D_143.jpg

索道(鉄索)は、物資や廃石、廃泥の運搬に用いられた輸送用のロープウエー。

明治23年の細尾索道架設以降、数多くの索道が架けられ
有越鉄索塔は、通洞選鉱所から廃泥を堆積場へ運搬するための索道の支柱として、
昭和14年に建てられた。







こんな、足尾町の一部始終を、このお地蔵様は見てきたのでしょう
20100612_16.jpg

20100612D_035.jpg














足尾銅山後に、122号線を南下します。



熊谷で、三四郎さんとはお別れです。

風景が、少しずつカラーに戻ります。
20100612_43.jpg
今日は一日ありがとうございました。

マイナリストモードに入ると、同行者のいることをすっかり忘れ、
いきなり道端にバイクを止めて、飛んでいってしまうので大変だったでしょう。

とんでもない先導でした。  次回からの遠足ツーは、ちゃんと理性を保ちます。

ご安心ください。


















追伸

足尾銅山は、世界遺産に残そうという動きもあったのですが、

本山精錬所は取り壊しが進んでいます。


このようよな施設が・・・・
1111.jpg


私が行った時は、
1112.jpg





こうだったのが・・・・・
1113.jpg



いまや、こう
1114.jpg
もっと早くに行っていればよかった・・・・


行くならはやい方がいいですよ!

詳しくはこのHPがお薦め
タグ:足尾銅山
nice!(16)  コメント(20)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 20

三四郎

お疲れ様でした。
マイナリストモードに突入したhoshizouさんを見てるのが楽しかったです。
私もタップリとたのしみました。
古いものは大好きです。(家内からは大正生まれ?っと言われます)
モノクロ写真もいいですね~ 昭和初期を感じます。

また行きましょう>

by 三四郎 (2010-06-13 22:52) 

lomgm@n

で、料理のほうは??
by lomgm@n (2010-06-14 00:02) 

北海 熊五郎

おはようございます
 モノクロ写真がいい感じですね。
 煙突が壊される前に行かなければ。。。。

by 北海 熊五郎 (2010-06-14 06:44) 

肥前のFe

時代は変わる です
 1本残った煙突 ・・・ 必死に耐えているよう
 流れつづける排水 ・・・ まだ生きてるぞ~ 
 なんとなく擬人化してしまう オレです 
by 肥前のFe (2010-06-14 08:20) 

KENTA

いろは坂をバイクで走ったのはもう17年前です。
あの頃は旅費節約でテント寝袋装備で走っていました。
インスタントフードでも外で食べると10倍旨く感じます。
良く分かりますよ。
by KENTA (2010-06-14 08:32) 

HIDE

まさに昭和の遺産ですね。
子供を連れ、歴史の勉強に行ってきます!
by HIDE (2010-06-14 20:52) 

T2

ほんとに、光と影の遺産(影の方が多いかも?)ですね~
でも、結構残っていたんですね
しらなかった

by T2 (2010-06-15 00:06) 

uni

写真でも、往時の何かが見えてきそうな気配がありますよ。
実際に見たくなりました。しかも残された時間は短そうですね。
by uni (2010-06-15 02:32) 

GATA

廃墟にはモノクロ写真がにあいますね~。
そしてバイクには夕陽が良く似合う!


by GATA (2010-06-15 11:34) 

key-k

くそー。行きたかった・・・^^;
モノクロの画像、どこからぴっぱって来たんだろうと・・・。
粋な演出ですね^。^

梅雨の合間をぬって行かねば!w
by key-k (2010-06-18 21:21) 

hoshizou

lomgm@nさん
本日のRANZANランチはいかがしょうか。
外で食べるのは、うまいですよ。
by hoshizou (2010-06-20 14:49) 

hoshizou

三四郎さん
ちょっと自分を見失うほど、近代化遺産の数々。
すべてが稼動している時、見たかったですね。
きっと子供が沢山いたんでしょうね。
by hoshizou (2010-06-20 14:50) 

hoshizou

熊五郎さん
もっともっと明治大正昭和を支えてきた近代化遺産がありました。
泊り込みで行きたいくらいです。
by hoshizou (2010-06-20 14:54) 

hoshizou

肥前さん
今、足尾町は、治水と山の再生のモデルケースのようですよ。
いったん死んだ山が、みどりを取り戻しつつあります。
by hoshizou (2010-06-20 14:56) 

hoshizou

HIDEさん
子供は面白くないでしょう。
こんな場所は、おじさん達でいきましょう。
by hoshizou (2010-06-20 15:01) 

hoshizou

T2さん
けっこう、カメラを担いだおじさんや、若者グループが見てました。
私も、この日はデジイチ倶楽部でした。
by hoshizou (2010-06-20 15:05) 

hoshizou

KENTAさん
いまだに、外食が大好きです。
外食って、その名のとおり、外で食べるですから。
我々のタンクバックの中には常にコンロ。
昼飯は400円ですね。
by hoshizou (2010-06-20 15:05) 

hoshizou

UNIさん
この日は、タンクバックにデジイチでした。
この風景だけは、デジイチで撮りたかった。次は、軽井沢ですよ。
by hoshizou (2010-06-20 15:07) 

hoshizou

GATAさん
この場所は、日本の銅の産出量の1/4をしめ、日本の近代化に
大きな役割をもってしました。
実際に精錬所跡をみると感動しますよ。
by hoshizou (2010-06-20 15:26) 

hoshizou

keyさん
精錬所全体が、白黒に感じる、風景でした。
ココは行くべき。
今年のツーリングGOGOの関東版でも紹介されてます。
by hoshizou (2010-06-20 15:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。