So-net無料ブログ作成
検索選択

5月の白昼夢 竪坑櫓編 [嵐山星造の短編小説]




「じゃ、ちょっと納品してくるけん」
「いってらっしゃい 社長」


社長と呼ばれた男、大池は、車を志免町に走らせた。
決して大きくない町工場では、社長といえども製品の配達をしなくてはならない。
今日は、一番のお得意様である会社への納品日である。
ちょうど日曜日と重なったが、先代からのお得意様であるこの会社への納品は、必ず大池が行うと決めていた。

車の窓を開けると、5月のさわやかな風が車内を通り過ぎた。
バイクに乗るには、いい季節だな」
大池は、一人つぶやいた。




納品を終えると、大池はコンビニで弁当と缶コーヒーを買い込み、いつもの場所に向かった。

志免町総合福祉施設シーメイト
公園が併設され、隣には、旧志免鉱業所竪坑櫓がそびえている。
営業車の中で弁当を食べた後、公園を歩いてみる。
暖かな日曜日の公園は、多くの家族連れでにぎわっていた。



小高い丘の横にある、いつものベンチに腰をかけると、缶コーヒーを口に含み、ある男の事を思い出していた。
「シェンロンの丘か・・・・・あいつは、竪坑櫓が大好きだったなぁ」


多忙を極める大池が、一番オートバイに没頭していた、30年前。
何かと頼ってくる男がいた。
今は名誉会員という肩書きをもらい、第一線を退いてしまったマイナリストの中で、
当時、大池は自らが中心となってツーリングの企画や、先導をしていた。

「来週、バイクでそっちに向かうんで、どこか連れて行ってください。」
いとも簡単に電話をしてくるやつだった。
どこでもいいですから、という割には、竪坑櫓だの角島だのいろいろ注文してくるので、ルートを決めるのは一苦労だった。



遠くで数台のバイクの音が聞こえた。
ツーリングかなぁ・・   
ウトウトしながら、そう思ったときに、急に携帯電話が震えた。

うるさいなぁ思いながらも携帯を取り出すと、大池の目に飛び込んできたのは、
ディスプレイに光る、あいつの名前だった。

驚いて、電話を開く
「もしもしっ  もしもし・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


受話器からは、何も聞こえなかった。




「まさかね。   さあ、戻るとするか」
大池は、小さく背伸びをすると、営業車に向かった。










ちょうどその頃、遠く離れた仙台病院で、一人の老人が静かに息を引き取った。
見取った家族の話によると、息を引き取る前に、何度もニヤリ・ニヤリと笑っていたそうである。
奥さんは小さく微笑みながら
「きっといろんな人に会ったり、いろんな場所を走っていたんでしょうね」と言っていた。

彼の人生は楽しかったにちがいない。












三回続けてお楽しみいただいた、「5月の白日夢」シリーズは、今回をもって終了となります。

しかし、物語は無限に広がっていきます。

今から30年後、この老人は皆さんのところに、どんな形で現れるのでしょうか。

そんな事を考えつつ、この男と付き合っていくのも、ひとつの楽しみでしょう。

これからもよろしくお願いします。         嵐山(あらしやま)星造







----------------5月の白日夢シリーズ--------------------

〇5月の白日夢 【ちっぽら食堂編】

〇5月の白日夢 【阿蘇編】
nice!(17)  コメント(24)  トラックバック(0) 

nice! 17

コメント 24

きよティ

三部作感動しました!
また楽しみに待ってます(^^)
by きよティ (2011-06-13 16:25) 

とりてん

ディスプレイに光る、あいつの名前>


私は星頭2:50って名前の登録だー
これぞ悪夢(笑)

え゛ーっ!終了なのー!
そして次は 真 5月の白昼夢 ではじまったらズッコケルワー
では30年後にお会いしましょー!
お互い絶対わからないだろーけど(爆)
by とりてん (2011-06-13 17:03) 

響

ここは大好きなところでしたもんね。
いつかみんなでクリスマスイブで並んでシェンロンしたいぞ。

by (2011-06-13 20:28) 

北海 熊五郎

いつの日か、こっそりとここでシェンロンやります!
by 北海 熊五郎 (2011-06-13 21:32) 

echo

レトロ調の3部作、楽しく読ませてもらいました(o^^o)
未来を描いた将来図!!
まだまだ30年後は元気にバイク乗ってスパイダーメンやっているでしょう(*≧m≦*)ププッ
by echo (2011-06-13 21:49) 

key-k

3部作読まさせていただきました!
記憶に残ります。
30年後もバイクに乗り続けよう~!
by key-k (2011-06-14 02:02) 

ゆう

妄想好きなわたすなので思わず番外編書いちゃった(^^;)/
ウェブやま書店、何人の人が続きを読みに行くだろうか・・
小説って読むの好きでかなり読んだ時期があったんだけど、自分で書くとなると会話の前後の描写を書くのってセンス要るよね~~
また続きがあるような気もすますが・・・
バイクに乗れなくなった後の楽しみは妄想小説で行こう~~(笑)
by ゆう (2011-06-14 02:14) 

エアーウルフ

楽しく読ませて頂きました。

是非、不定期連載でお願いします

by エアーウルフ (2011-06-14 12:43) 

T2

タイトルは“え~!?”って思ってましたけど
(hoshizouさん ごめんなさい)
ウルっときそうな三部作、お見事でした!

by T2 (2011-06-14 16:24) 

ひろろん

10年後、20年後、30年後、はどうなっているんでしょうね~
30年後は原ちゃりなら乗れるかな・・・

その時、みんながしあわせでありますように。

by ひろろん (2011-06-15 19:48) 

yosi

嵐山星造の白日夢はシリーズ化されるのかな?
このまま絶版になるのは惜しいですね。
by yosi (2011-06-16 11:56) 

sadabouz

こんなジジィにもしなれたら・・

必見です!

http://www.youtube.com/watch?v=GMdhNAERyEM&feature=player_embedded
by sadabouz (2011-06-16 14:47) 

hoshizou

きよティさん
がんばります。でも、もう、まじめに疲れた。。。
by hoshizou (2011-06-17 22:19) 

hoshizou

とりてんさん
ギクッ 次の構想まで予測してるとは・・・
まずいな・・・・
by hoshizou (2011-06-17 22:19) 

hoshizou

響さん
よく覚えてますね。そうです。懐かしいオレンジ色の竪抗櫓での
シェンロンが、私達を結び付けているのです。
by hoshizou (2011-06-17 22:20) 

hoshizou

熊五郎さん
何と言ってもシェンロンの丘ですから。
竪抗櫓と針尾無線塔が、シェンロンベストポイントです。
by hoshizou (2011-06-17 22:21) 

hoshizou

会長
今回の三部作は、チョットまじめすぎました。
次は、思いっきりふざけます。
by hoshizou (2011-06-17 22:23) 

hoshizou

keyさん
それではまた会いましょう。
まってます。お気をつけて。
by hoshizou (2011-06-17 22:24) 

hoshizou

ゆうさん
web山書店って、山さんですよね。 えっ違う??
山さんのブログ しばらく止まったままだし・・・
by hoshizou (2011-06-17 22:25) 

hoshizou

エアーウルフさん
不定期でも、もう、ネタがありません。
続きは任せたっ
by hoshizou (2011-06-17 22:26) 

hoshizou

T2さん
私も知らなかったのですが、白日夢っていやらしい映画があったようですね。
まじめな私は、まったく知りませんでした。
by hoshizou (2011-06-17 22:28) 

hoshizou

ひろろんさん
とり天さんたちは、電動三輪車で爆走するようですよ。
by hoshizou (2011-06-17 22:29) 

hoshizou

yosiさん
きっと、すぐに戻ってくるとおもいますよ。
たとえばファイナル白日夢とか言って。
by hoshizou (2011-06-17 22:30) 

hoshizou

sadaさん
この動画、感動しました。
すぐにi-podに入れて。見てす。
あんなふうになりたいな~。
by hoshizou (2011-06-17 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。