So-net無料ブログ作成

妄想小説  『レインボー戦隊 のぽレンジャー』 [嵐山星造の短編小説]

2016年 6月

あれから、もう、5年の年月が過ぎた夏の終わり。








彼女は、先日買い換えた、白いVTRに声をかけた。

「今日はちょっと頑張ってもらうわよ。」
20090607_03.jpg
グイィィーン   VTRも、返事をする。












彼女は、久しぶりに川口の料金所のゲートをくぐった。
20110629_03.jpg
白い相棒と東北道を走るのは、初めての事だった。

「きいろいのは、げんきかな~」

親戚の女の子のところに嫁いでいった、黄色いVTRを思い出していた。













しばらくすると、バックミラーにパッシングするバイクが映った。
あの、赤・白・青のCBRは、トリコのぽだ。
彼とは、バイク仲間と同時に、自転車仲間でもあり、ご近所さんなのである。
VTRに並ぶと、トリコのぽは手を上げ、直ぐにスピードを落とし、彼女の後ろについた。
00020cbr.jpg













2台が、蓮田SAに到着すると、既に、赤いCBRが停まっていた。
K3400010-59b5e.jpg
朝GOライダーのあかのぽである。
本来、彼は、早朝に走り、11時には帰宅するのだが、今日は彼女のツーリングに参加する為、特別にやんやんちゃんに許可をもらったのだ。



おはようございます。  それじゃ行きましょうか。


三人は、北を目指した。













安達太良SAには、待ち合わせの時間より1時間も前に到着した。
ここで、おでかけしたら1日1ソフトをする。
何で、ライダーは、ソフトが好きなんだろうね。
たわいも無い話をしていると、北陸自動車道経由の、九州組が入ってきた。











カワセミカラーがまぶしい九州組の隊長
m_13E38080E5BE85E381A3E381A6E3819FE382ABE383AFE382BBE3839FE58FB7-dbbaf.jpg
さすらいの廃墟マスター  あおのぽ!!










ディトナを操る長距離ライダー 
植物と神社を愛する大自然の守護神。
kiiro.JPG
永遠のマドンナ  きいろのぽ!!  











カマキリのような精悍な二つの目が光る!
風のように雲のように自由に駆け巡る、
o0800045011227455777.jpg
麗しの歌姫  みどりのぽ!!















お久しぶりです。
始めまして。

再会あり、初対面あり、挨拶はいろいろだけど、みんなブログで、ずっとお付き合いをしている顔見知りなのだ。

こんなのっていいな。  彼女は、微笑んだ。















そろそろ行きますかっ

あおのぽがみんなに声をかける。

当然先導はあおのぽである。






彼が、好む好まざるに関わらず、なぜか彼からは、先導オーラが出ているのだ。

6台は、東北道をさらに北上する。













宮城県に入ると、蔵王連邦が左手に見え始める。







一同は、東北に来た事を実感しつつ、菅生PAに滑り込む。

遠くからでも、ひときわ目立つ男が、駐輪場で待っていた。
>20110629_35.jpg

真っ黒なバトルスーツに身を包んだ、サングラスの男、くろのぽである。
ニヤニヤしながら、到着する6台をビデオに撮っている。












「みんなっ、久しぶりっ   去年の2015ファイナルツー以来ですね~」

もう誰もファイナルツーという言葉に、ツッコミは入れなくなっていた。











さあ、次の仙台南インターから三陸道に向かいますよ。
PK7_0667-14384-73cc6.jpg
そう言ったくろのぽは、先導するのかと思いきや、ちゃっかりあおのぽの後ろについている。






青・黒・赤・白・トリコ・黄・緑

七色のバイクがそろって三陸道を突き進む。









三陸道は、その名前とは裏腹に、ほとんどを山の中を走る高速道路である。










石巻・河北・桃生豊里・登米を過ぎて、志津川ICにさしかかった時、彼女の目に、南三陸町の海の青が
飛び込んできた。
m_49E38080E6B5B7E381AEE889B2E3818CE79C9FE381A3E99D92E381A7E38199-c8ccf.jpg


ここまで来たんだ。   もう少しだっ

彼女の心臓は高鳴った。




自然とアクセルを開ける。
20090607_28.jpg


それを察したあかのぽもペースを上げる。


先導のあおのぽにも、その想いは伝わり、あっという間に終点の気仙沼インターを抜けていた。











彼女が絶望した、気仙沼の壊れた町並みは、そこにはなかった。

近代的なビルが立ち並び、大きな貨物船やフェリーが係留されている。







県道26号線を東に進むと、彼女が一番来たかった場所があった。


気仙沼市唐桑町  
E38193E381AEE381BEE381BEE38389E3839CE383B3E381A8E38184E3818DE3819DE38186E381A7E38199.jpg

5年前彼女がボランティアに来た場所だ。




















2ヶ月前、一通の手紙が彼女の元に届いた。







今年は、岩牡蠣が、とても大きく育ちました。

そろそろ旬を迎えます。お友達を誘って是非食べにきてください。














彼女がブログで呼びかけたところ、この7人の食いしん坊が全国から集まったのだ。






「さあ、早く牡蠣を食べようよ」

美食家のあかのぽは、待ちきれない。






「ちょっと1分間だけ待って。」

彼女は、大きく磯の香りを吸い込むと、目を閉じて、耳をすます。








5年前の、ヘドロのにおいや、重苦しい重機の音は聞こえない。



リズミカルな漁船のエンジンと、子どもたちの笑い声が遠くに聞こえる。







彼女は、ずっと待ち望んでいた風景を楽しんだ。






それを黙って見つめる、6人。











「さあっ いこうかっ」


待ってましたと、おどけるトリコのぽ。


母親のように微笑む、きいろのぽ。



黙ってうなずく (T▽T) みどりのぽ。











7人が向かったのは、海鮮小屋。





彼女は、ずっとご主人と話している。

5年前に、ここで知り合った、手紙の主である。








唐桑の牡蠣は、復興の牡蠣。  そして、他県の漁師との絆の牡蠣。

真牡蠣が主体だった唐桑半島だが、震災後、岩牡蠣も取り扱うようになった。

  


  




あの津波からよみがえった唐桑の牡蠣は、生命力に満ち溢れ、心が熱くなる味だった。























「もう少し走ろうか。」


あおのぽの提案に、うなずく6人。





国道45号線リアス式海岸を北上する7台。

m_52E38080E69FB3E6B2A2E4BFA1E590BEE38195E38293E3818CE383ADE382B1E38197E381A6E3819F-fd204.jpg

青い海と白い波の風景だけを見ると、誰が5年前の悪夢を信じるだろうか。








「それじゃ、この辺で集合写真を撮って、宿に戻ろうか。」





漁港に入り、セルフタイマーをセットする7人。







「せぇ~のっ」    


ピッピッピッピッピピピピピ


「イデヨ イェンロンッ」  カシャッ









「んじゃ、次は、 せぇ~のっ」   


ピッピッピッピッピピピピピ


「レインボー戦隊 のぽレンジャーッ」   カシャッ










「次は、スパイダーメ~ンでっ  せぇ~のっ」   


ピッピッピッピッピピピピピ


「スパイダーメ~ン」 「私はイヤッ    」    カシャッ










みんなで遊んでいると、係留している小さな漁船から、険しい顔をした漁師が降りてきた。
20050504_24.jpg



つかつか歩み寄ると

「これっ 生で食えっからっ」  といって、ホタテの貝柱を出してくれた。


20050504_25.jpg




















漁師が軽トラックで去った方角を見たまま、動かないくろのぽ。


彼は、流れる涙と鼻水をぬぐおうともせず、汚い顔をして、エグッエグッと号泣している。



どうしたの、と問いかけるみどりのぽを、彼女は制して、先に宿に戻りましょうと言った。







夕暮れの漁港で泣いているオヤジをおいて、6台は、唐桑の海に向かいました。
m_60E38080E5B8B0E3828BE381A0E38191-adafb.jpg



今日は、これから、震災の日にあわせて、灯篭流しがあるのです。

終わり

E381AAE38293E381A7E38282E5AEAEE5B48EE381AEE7A98DE381BFE696B9E38289E38197E38184.jpg
E3819FE381B6E38293E59C9FE381AEE38186E8A28BE381ABE4B997E381A3E381A6E3828B.jpg



『レインボー戦隊 のぽレンジャー  再会の海』

作  嵐山(あらしやま)星造






参考文献 再び北へシリーズ



nice!(24)  コメント(29)  トラックバック(0) 

nice! 24

コメント 29

青銀

星蔵さんへ

はじめまして、熊本の青銀といいます。

廃墟ハンター響さんのブログからこちらを知り、ブログを読み始めてはや3ヶ月、毎日更新されてないかわくわくどきどきしながらひらいてます^^

で、今日もひらいたら、うん!こ、これは星蔵さん得意の妄想ねた、たのしんで読まねばと先へ進んだのですが、読み進めるうちにだんだんウルウル状態になりました。

それから、本当にこの妄想のように皆が東北で会える日が来るといいですね。

それでは、これからブログ楽しみにしています。

追伸 
明日は、茗荷原茶寮にはじめていってきます。



by 青銀 (2011-09-10 23:32) 

KENTA

挿絵代わりの写真がなんとも想像しやすく、
地元と相まって感情移入してしまいます。
本当に5年後にはこのような光景が実現できると良いですね。

まだ今日で六ヶ月。
甚大な被災地域はまだまだ復興には程遠いですが、
とにかく一歩ずつ前へ・・・ですね。


>もう誰もファイナルツーという言葉に、ツッコミは入れなくなっていた。

ここマジで吹きました(笑)。
by KENTA (2011-09-11 06:20) 

熊鹿夫婦

5年後には必ずや…その隊列に続くBlogファンがドッと押し寄せるんでないかと( ^ ^ )/□
by 熊鹿夫婦 (2011-09-11 08:00) 

りか

大作でしたね~。楽しく拝見させて頂きました(*^-^*)
灯篭流しがあったんですね~。ニュースで見ましたよ。
震災で亡くなられた方々へのメッセージが書かれた灯篭を見て、
熱いものが胸に込み上げ、泣かずにいられませんでした。
明後日お会い出来ますね。
しかし…待ち合わせ場所が決まっていませんね(笑)まだかよ~(-”-;)
船の中で走るコースを妄想して、会う場所を決めて下さい(^^;)
by りか (2011-09-11 20:58) 

かみさま

あかのぽです(笑)
本当に復興の牡蠣は楽しみです。
とりあえず来月の朝GO!を早目にアップしますね(^_-)-☆
by かみさま (2011-09-12 07:02) 

echo

これは5年後の話しですね。
その頃には蠣も前のようにいっぱい捕れると良いですね。
震災の日にあわせて、灯篭流し、毎年この日を忘れずに思い出しましょう。
そして合掌!!
by echo (2011-09-12 09:41) 

しろのぽ

いやー、とんでもない力作スピンオフありがとうございます。
それぞれの絶妙なキャラ設定は、知ってる人はかなり笑えます。(ワタシそんなお姉キャラぢゃないですケロ)
東北の復興は、妄想じゃなくて数年後の現実にしなきゃいけませんね。

ところで、6月が夏の終わりかよってのは誰もツッコまないの・・・・・・(爆)
by しろのぽ (2011-09-12 19:45) 

hoshizou@フェリー

自分を見つめ直す為、私は北に向かっています
決して捜さないでください…

休みが3日しかとれないので、弾丸ツーです
恒例のメルマガも、今年はなしです。

しろのぽさん
本当は8月末の設定だったけど、しろのぽさんの記事を見て、どうしても牡蠣をだしたくてね。
無理やり岩牡蠣を出したのも、旬の矛盾をなくすため。
そしたら6月が夏の終わりになってた…
全く気付かなかったのは、素人のご愛嬌と言うことで…
by hoshizou@フェリー (2011-09-12 20:24) 

tansta

これ、食えっからの漁師さん登場で、ちょっとウルウル・・
5年後、この妄想小説が少しでも現実となるように、がんばらないと・・

by tansta (2011-09-13 00:10) 

北海 熊五郎

こんばんは、トリコノポです
黄色いのを白くしたんですね・・・・
来月のミーティング、楽しみにしています。

by 北海 熊五郎 (2011-09-13 19:57) 

T2

今頃北の大地ですか?
今回も力作でしたね
そう、こんな風景が東北あちこちで見ることができる
そんな日を信じて!
by T2 (2011-09-13 20:40) 

ANIKI

ほとうに5年後の風景に見えます。
東北沿岸地域に出向くライダー、その表情から復興されたあるべき
姿が感じられます。。
執筆活動、お疲れ様でした^^。
by ANIKI (2011-09-13 21:56) 

uni

5年後・・なんだか希望がわいてきます。
感染力の強いhoshizouさん、希望の力を伝染してください。
by uni (2011-09-15 21:13) 

麗しの歌姫みどりのぽ

あらやだ(T▽T)歌姫て何で知っとるの!?(爆)
by 麗しの歌姫みどりのぽ (2011-09-16 11:15) 

hoshizou

熊本の青銀さん
始めまして。  これからも宜しくお願いします。
茗荷原茶寮や阿蘇に近くて、本当にうらやましい。
私が行く為には、少なくても4日間の休みが必要です。
by hoshizou (2011-09-16 19:47) 

hoshizou

KENTAさん
ありがとうございました。 びっくりしました。
このびっくりについては、後ほどですね・・・
by hoshizou (2011-09-16 19:49) 

hoshizou

熊鹿夫婦さん
妄想小説というか、応援メッセージというか。
でも、きっと実現すると思われる、一種の未来日記です。
by hoshizou (2011-09-16 19:51) 

hoshizou

りかさん
灯篭流しの灯りって、先祖の方を供養する灯りです。
今年は違いますからね。子どもに向けたメッセージなんて、悲しくて見れないです。
by hoshizou (2011-09-16 19:54) 

hoshizou

あかのぽさん
かみさまなら、唐桑日帰りコースですね。 
実現させましょう。
by hoshizou (2011-09-16 19:55) 

hoshizou

会長
エコーツーで、土日唐桑半島復興海鮮ツアー  マジでやれそうですね。
尾根遺産が多ければ、仕事終了後向かいます。
by hoshizou (2011-09-16 19:58) 

hoshizou

しろのぽさん
頑張っているしろのぽさんをもっともっと美化したかったけど、うそ臭くなるので、
全てしろのぽさんが、やりそう・言いそうな事ばかりにしました。
くろのぽは、ご一緒しますよ。
by hoshizou (2011-09-16 20:02) 

hoshizou

tanstaさん
それじゃ、ある程度復興したら、仙台朝GOの行先は、唐桑ですね。
by hoshizou (2011-09-16 20:04) 

hoshizou

トリコのぽさん
のぽレンジャーのネーミングの為には、彼女は白いバイクじゃないといけないのです。
夜中に、ごそごそ画像処理をしてました。
by hoshizou (2011-09-16 20:06) 

hoshizou

T2さん
これは、妄想じゃない、未来日記です。
しろのぽさんが、ボランティアじゃなくて、遊びで唐桑を訪れる日が早く来ればいいなと思ってます。
by hoshizou (2011-09-16 20:09) 

hoshizou

ANIKIさん
執筆という大それたことじゃないのですが、夢や目標は具体的なほうが
叶いやすいと思ってます。
ほんと、みんなで美味しい牡蠣を楽しみに行きたいですね。
by hoshizou (2011-09-16 20:12) 

hoshizou

uniさん
希望の力なんていわれると、その気になってしまいます。
調子に乗せたら、天まで昇り続けます。周りの迷惑顧みず!!
by hoshizou (2011-09-16 20:13) 

hoshizou

麗しの歌姫みどりのぽさん
北海道まで行っちゃうくらいだから、マジで東北はこれそうです。
門司から大阪までフェリー  大阪から名古屋までちょっと走ってまたフェリー
あっと言う間に宮城ですよ。

by hoshizou (2011-09-16 20:15) 

リュカ

ほんとうにこんな日がくると良いですね(^^)
美味しいホタテに美味しい牡蠣!
そしてうるうるする、しろのぽさん♪
by リュカ (2011-09-18 17:15) 

hoshizou

リュカさん
リュカさんは、しろのぽさんへのコメントをみて、私と同じ感じ感想を持った
ステキな尾根遺産と確信しました。
(それは、単に自分もステキな男といいたいだけ・・・・ミタイナ)
by hoshizou (2011-09-19 07:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。