So-net無料ブログ作成

さらば デリカスペースギア [バイク以外]

もう2か月も前の話です。



19年乗り続けてきた、デリカスペースギアに分かれを告げました。

1.jpg
次男と同じ歳ですからね



好きだったな このかたち
2.jpg
ワイルドで、俗にいうワンボックスとは、一線も二線も違ってた


実家の二階に台所やトイレ、そして子供部屋を増築して、二世帯にして
9.jpg
家族全員が乗ると、5人乗りじゃダメだから買い換えようって


あの時は空前のRVブームで、ホントはパジェロかハイラックスサーフがほしかったのだけど
3.jpg
それは、高嶺の花ってあきらめてた


でも、ワンボックスカーにしようとなった時、目がキラーン
4.jpg
嫁さんは車に詳しくないので、デリカスペースギアにしました


運転席がとっても高くて、見通しがとてもいい
5.jpg
年老いた両親や嫁さんには、乗り降りが大変って不評だったけど


私はとっても愛着をもってました
6.jpg
新型が出ても、乗り換えたいと思ったことなかった


ミラーもでかいので、駐車場に入れる時、白線がよく見える
8.jpg
スーパーの駐車場で重宝します


とっても広かったから、寒い時、なかなか暖かくならなかったけど
9.jpg
それだけ、空間が広いので、とっても快適だった


最後の日、しばらくやってなかった、対面シートにしてみた
IMG_0807.jpg
昔は、よくやって、あそんだっけ











正直言って、まだまだ手放したくないデリカですが・・・・・


デリカを手放す理由は、父親のクラウンを私が譲り受ける為です。


高齢者の父親は、やはり運転がかなり危なく、軽度の事故を頻発するようになりました。


とはいえ、高齢者から免許を取り上げるのって、意外に大変です。

本人のプライドもあるし、生きがいもあるし・・・・・


なので、デリカが調子悪くなり、父親の車を譲り受けるという事にしました。

  



私は車通勤なので、必然的に父親も車に乗らなくなります。

やっぱり、車庫に車があれば、もう、乗らないと決めても、ぶれるものです。







さて、デリカを手放すのですが、19年も前の車で、値段はつかないと思いつつ。

でも、廃車費用の足しにでもなればと、中古車販売検索ネットを利用しました。







5社から連絡があり、そのうち4社が見積もりに来てくれることになりました。
01.jpg



指定した日に呼んだので、そのうち3社が、鉢合わせになりました。
02.jpg
19年前の車ですが、デーゼル車の需要があり、値段が付きました。


一番高く見積もった会社に頼み、それは、北海道親子旅の費用となりました。









ここで、皆さんに、注意を呼び掛けます


実は、私は、廃車や買取を想定して、いろいろネットで事前に調べておきました。

案の定、落とし穴が待っていましたが、対処することができました。





それは、自動車税の還付です。

引き渡し時に用意するのは、実印と印鑑証明

現金引換えです。




三枚の書類に捺印を求められました。

『私は素人なので、これらの書類の意味を教えて』



そのうちの1枚を、業者は、こう答えました。
『登録や税金関連の処理を、すべて一任するという書類です』


コレです。
これは、登録抹消に伴い、事前に支払っていた自動車税過誤納金還付を、私ではない人にする書類。

要は、多く払った税金の受け取りを、業者にするという書類です。


『ちょっとまって、なんで過剰に払った税金を、貴社がもらうわけ?』
01.jpg
業者の言い訳
『それは、買取の常識です』


『その常識は、あなたたち業界の常識かもしれないが、素人の私は知らないですよ。』


『そもそも税金は戻ってこないものなのです。』


『それは、重量税の事でしょう 自動車税はちがいますよね』
(すごいごまかし)


『この還付金も含めて、買取価格を出すのですよ』



『それを知らない素人の私が悪いのか、その素人に伝えない貴社が悪いのかどちらでしょう?』
『平行線の議論になるので、ここは、第三者の公的機関に判断してもらう方がいいですね。』


だてに、長い間、コールセンターでクレーム応対をしていたわけではありません。

感情的にはならずに、理論的に、落ち着いて・・・・・



結果として、交渉の結果、24500円の還付を、私は受けました。




得したというわけではなく、損しなかっただけですが・・・・






デリカとの思い出は、最後、ちょっとケチがつきましたが、デリカが残してくれたお金が、北海道親子旅になったのですから、やっぱり

『ありがとうデリカ』ですね。






皆さん。

大切な車やバイクを売るとき、気を付けてくださいね。




nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 9

yogawa隼

19年間乗っていたなんて凄いですね~。
門司のふったんもデリカだったような...。
by yogawa隼 (2015-12-08 19:14) 

くう

デリカ手放されたんですね。
まだまだ乗れますが、19年ですか、、、十分だと思いますよ。
きっと国内で買い手がつかなくとも海外で走っていると思いますよ!

家のスターワゴンは20年ですが、
再度のステップが崩れ落ち、逆になんかすっきりとしました(笑)

by くう (2015-12-08 20:02) 

カミちゃん

乗せていただいた時は、去年の雨のスカイパークでしたね。
その時は、エアコンが壊れてて、修理して、乗り続けると言われてましたね。
代車の軽自動車も、なかなかでしたけどね(´`:)
クラウンにも、載せてね〜( ´ー`)
by カミちゃん (2015-12-08 21:14) 

赤14

高齢者運転車を車から離すタイミング難しいですよね。
一歩間違えば大きな事故にも・・・。
実家の母もあやしい運転になってきたので、車の鍵を置き忘れてたのをきっかけに鍵を回収して、無事車から離すことが出来ました。
このタイミングを間違えると、親子喧嘩になったり、取り上げそこなったりとなるみたいですね~(^^;)

by 赤14 (2015-12-08 21:52) 

hoshizou

yogawaさん
よく覚えてましたね。ふったんは、私の次の世代、グリルバーが無くなったデリカでした。

くうさんは、愛車のスターワゴンを大切にしてください。
あれも、めっきり見なくなりましたね。
予備タイヤがフロントについている独自のスタイル。すきでした。


でかいデリカと、代車の軽の落差に、皆さんに笑っていただきました。
北海道は、あのデリカで行きたかった。。。


赤14さん
難しいですね。車を取り上げると、生きがいとか、一人前の人間として認められなくなったという思いから、一気に老いる事があります。
高齢者運転の問題は、本当に奥が深いです。


by hoshizou (2015-12-11 11:46) 

hosubee

今年、うちの父親の運転免許を返納し、車を処分しました。
いろいろ有り、この結論になりましたが・・・・・
父親の車の処分を業者さんにお願いしましたが、
飛び込みで行ったにもかかわらず、10年以上乗り修理歴もあるセダンに値段をつけてくれ、自動車税の返金処理も適切にやってくれた業者さんでした。
山形だから、かな? 
んでも、悪質な業者は多そうな業界ですよね~~(笑)
by hosubee (2015-12-12 16:38) 

hoshizou

hosubeeさん
悪質業者かどうかはわかりませんが、自分たちの常識ですべてを収めようとすると、私のような無知で、正直者が損をしてしまいます。
世知が無い世の中です
by hoshizou (2015-12-14 08:47) 

HIRO

こんにちは。
デリカさんお疲れ様でした。
ウチも相方の義父が高齢で、まだ運転してて不安です。

買取業者も、TVやFMで大々的に宣伝している所は、(「1回で複数社の見積もりを…」って、結局大元は1社だけだったり、担当者の持ってるノーパソのカメラで、遠くに居るマネージャーが交渉の監視をして…ムニャムニャ)とかの噂があるので、素人は騙されない様にしたいですね。
by HIRO (2016-01-02 17:33) 

hoshizou

HIROさん
高齢者の運転には、いろんな意見がありますね。
買い物 通院 という、言わば物理的な事
そして、生きがい、尊厳という、精神的な事

いろいろ迷い、不便にもなりましたが、父親は、電動アシスト自転車を購入して、喜んであえて坂道を走ってますよ。
楽だ~といいながら。


by hoshizou (2016-01-06 01:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。