So-net無料ブログ作成
検索選択
北海道ライダー ブログトップ
前の10件 | -

俺の北海道ツーリング [北海道ライダー]


7年連続 13回目を数える北海道ツーリング。
uvs160112-002.jpg
いろんな思い出がありますし、その中で親分とも出会いました。






昨年は、訳あって恒例の9月バイクツーリングは断念しましたが、10月に二人の息子と北海道を車で旅しました。





私は、妙な『継続癖』があります。

一度気に入って始めると、ずっと続けるという所があります。

徹底的なワンパターンってやつです。   意地でも継続!!!



例えば
○同じRANZANメンバーとの初日の出
http://www.geocities.jp/ranzan1978/hatuhinode.htm


例えば
○RANZAN-POINTでの写真撮影
http://www.geocities.jp/ranzan1978/rekisi.htm






そして、最近恒例になったのが、北海道ツーリング動画

BGMも内容も、全部一緒

ただ、昨年は、訳あってバイクで



毎年作っている、『俺の北海道ツーリング』シリーズとは違って、単なる家族旅行ビデオになりましたが、そこは、やっぱり意地でも継続!!!






ようやく、2015年版が完成しました。

よろしかったらご覧下さい。







ここからは、自分記録のため、過去の俺の北海道を貼り付けます。

同じようなないようなので、一気見しない方が身のためです。





























北海道親子旅 最終日 [北海道ライダー]

北海道親子旅  番外編 akumakozo親分謝罪編はこちら

北海道親子旅  一日目はこちら

北海道親子旅  二日目はこちら

北海道親子旅  三日目はこちら

北海道親子旅  四日目はこちら



----------------------------------------------------




10月27日 火曜日

北海道親子旅 最終日です。






前日は、車中泊する場所が、まさかのクローズ
立待岬4.jpg
立待岬


20時以降は、入れなくなります。
立待岬2.jpg
最初はちょっと恨んだけど・・・・・





仕方が無いので、我々が車中泊場所に選んだのが
18.jpg
函館山







結果的に、このおかげで素晴らしい風景を見る事ができました。









この函館山の夜景は、あまりにもメジャー
16.jpg
皆さんも見た事あるでしょう。















この夜景が
16.jpg

201501027_07.jpg
こうなります。






函館山から見る朝日
201501027_03.jpg
これは感動ですよ。







このあたりは、後程動画






この日は天気がとてもよかった。



なので、朝日に照らされた函館山の影
201501027_21.jpg
函館山のてっぺんの影が、函館湾の対岸に写ってます。



こういう事です。
函館山.jpg
函館山の斜面が急  海から、そそり立っています






よく見ると、
201501027_23.jpg
てっぺんあたりに人影が見えないですか。

あれ、私です。







太陽が上がるにつれて
201501027_31.jpg
影は、海に入ります。





すごいでしょ
201501027_32.jpg
てっぺんあたりに人影が見えないですか。

あれ、息子です。






わずかの時間で影が近づいてきます。
201501027_35.jpg
1分立たないのに、船と山の影の距離が離れてます。












このあたりの様子は、動画をご覧ください

親子旅の様子も、ビデオに撮っていますが、完全にホームムービーです。

運動会の娘の玉入れを撮るお父さん的な、家族の記録なので公開してないのですが、この最終日の函館山だけはちょっと見る価値があります。

函館山のところ、いいですよ。








その後、函館港を後にして、大間に渡り


本州最北端で写真を撮って
uvs151103-025.jpg
大間温泉 海峡保養センターで、温泉に入って




長男と交代で、下北半島から八戸に抜けて東北道を南下
IMG_0923.jpg
岩手山で夕日を見ながら


夕食は家の近所のサイゼリアでとって
201501027_57.jpg
20時49分  2662キロに及ぶ、北海道親子旅は、幕を閉じました。






あれから、5週間がたったのですね。

早いような、ずーーーと前のような・・・・・・






今度は、また車で、京都あたりに行こうかな   と、皆で話し合っています。





北海道親子旅 4日目 [北海道ライダー]


北海道親子旅  番外編 akumakozo親分謝罪編はこちら

北海道親子旅  一日目はこちら

北海道親子旅  二日目はこちら

北海道親子旅  三目はこちら


---------------------------------------------------



10月26日 月曜日


小樽温泉オスパで目覚めて、朝風呂に入ります。
32.jpg








小樽には雪は残っていません。


前日の雪が嘘のようです。
18.jpg
ほんと、昨日の雪にはびっくりぽんでした。




こんな事に備えて、もちろんタイヤは
1.jpg
安心してください。はいてますよっ!










何で前日、夜高速を飛ばしてはるばる小樽まで来たのか。



それは、急遽、ココに行くことにしたからです。
2.jpg
ニッカウヰスキー 余市工場




一年前の朝ドラ  マッサンの舞台です。




知っている人は知っている。




通勤中にいつもみてました。
3.jpg
オッサンなんだよな~   朝ドラのロケ地に嬉しいのって。





朝ドラで見てた以上に、この場所は、近代化産業遺産でもあります。
4.jpg
レンガと、何とも言えないウィスキーの香りが漂います。



いたるところに、見たことある風景
5.jpg
そして、単語がならんでします。

ポットスチル とか、スモーキーフレーバーとか。。。。




工場内にはリタハウス(エリーハウス)もありました。
6.0.jpg
テレビでみたなぁ





そして、これが蒸留機  ポットスチルです。
6.jpg
すごい。テレビと同じように、祭られています。


蒸留を3回繰り返します
7.jpg
子供達は、朝ドラには興味はありませんが、このような遺産には、少しだけ興味があるようです。





工場内で試飲した後、朝ドラ好きの両親に、お土産の、余市工場のウィスキーを買いました。

どこの酒屋でも売っているでしょうが、あのマッサンの、ニッカウヰスキー工場で買ったという事が、価値なのです。








あーーー飲みすぎちゃった




気持ちワリ~~  







ウッ  ゲッ  オェ~
8.jpg
安心してください。 吐いてますよっ












昼ごはんは、国道沿いの東屋です。
9.jpg
コンビニ弁当+、おでんパックを温めて食べてます。


アツアツのおでんが、寒いからだに染み込みます。

玉子うめ~








そして向かった神威崎
10.jpg







積丹ブルーの海
11.0.jpg
神が降臨された!! 感じ   









その神とは










俺様だっ
11.jpg
ココでも復興フラッグキャラバン!!








積丹半島をぐるりとまわり
12.jpg
北海道って、道がいいのよ。


目的地までの過程の道が素敵だっ


ついつい、バイクだったら~ と思ってしまう












そして、これが
13.jpg
羊蹄山

道東のシンボルと、私は思ってます。




蝦夷富士とも呼ばれる、日本百名山

とても美人です。

山に美人コンテストがあるならば、上位入賞間違いなし





羊蹄山に伸びる脇道を発見
14.jpg
観光スポットでも何でもない、脇道に美しさがあるっ

やってる事が、バイクと一緒。


これが、北海道ツーリングは、いつでもソロの理由なんです










洞爺湖
15.jpg
次男と二人、湖面を見て何を思う・・・・・






この時の、マジな会話

『なあ、今日の夜は、コンビニ弁当はやめような』

『函館なら、塩ラーメンがいいな。俺、スマホで探しとく』














高速道路を使い、函館着



まずは、本日の宿を探します。


本日メインの函館山は、21時すぎないと車では登れません。。。。










今日は、車中泊と決めていたので、道の駅などを探すけど、函館にはないんだよね。




駐車場が広くて、トイレがあって、翌日のフェリーに乗りやすいところ
立待岬3.jpg
立待岬だぁぁぁぁ



函館山(半島)の東端 
立待岬4.jpg
とってもマイナーですが、いい場所なんですよ。

ただ、行くまでの道が狭く、分かりづらく、そして、お墓の中を通るんです。


トイレも東屋もありいいかんじ
立待岬2.jpg
現場に行って、確認して、函館ラーメンを食べに行きます。




食べログで見つけた、函館ラーメンの店

さすが、評判通りのとてもあっさり系、うまかった!!

そろそろ21時

函館山に車が登れる時間となりました。













やっぱりすごい!!
16.jpg
函館山の夜景





函館湾の形がよくわかります
17.jpg
バイクでは終日登れないのが残念です。





北海道最後の夜

お前たち、なかなかこの景色は見られないんだぞ
18.jpg
写真では伝えきれない絶景が眼下にひろがります。





それじゃ、観光客として、定番の記念写真を撮るかっ
19.jpg
ここは、完全に、家族旅行です





お前たち。
16.jpg
次、いつ見れるかわからないので、しっかりと心にとどめておけよ!!

父親として、いい事言ってます。












後ろ髪引かれつつも、函館山を後にして、車中泊する、立待岬に向かいます。



途中、夜食の為、コンビニおにぎりを買って


向かうと


















・・・・立待岬  夜間  通行止め・・・・・










お墓の中のゲートがしまってました

近隣住宅地への配慮でしょうか。。


翌朝までゲートは閉じられるようです。











どうする。  俺達・・・・・・























さっき、もう、二度と見れないかもと、心にとどめた函館山
16.jpg
思ったよりも、早くに再会です。






車中泊は、函館山の頂上 駐車場になりました。






次回は、最終回  ですね。




最後に、こんなネタをどうぞ。

1分30秒の動画なのに、作成に15時間もかかりました・・・・・

最初は1時間で、画像をつなげて終わる予定だったのに・・・・・

音楽や画像を切ったり貼ったり、追加したり

11月23日の休日、すべてこれで終了です。


どんどん凝っていく自分が怖い・・・・
(でも好き・・)



北海道親子旅 3日目 [北海道ライダー]


北海道親子旅  番外編 akumakozo親分謝罪編はこちら

北海道親子旅  一日目はこちら

北海道親子旅  二日目はこちら



---------------------------------------------------


10月25日 日曜日

ついに、北海道親子旅 メインイベントの朝を迎えました。


世界遺産の知床半島を、海から堪能するツアー
1.1.jpg
下北半島ウトロクルーズ





知床半島の断崖から、直接海に流れ落ちる滝、乙女の涙・男の涙・カムイワッカ湯の滝等、が見れます。
1.2.jpg
10月のヒグマの遭遇率は30パーセントだそうです。

8時15分の出航です!!  子供達も楽しみにしています。
















民宿の窓からの風景
1.jpg
冬のオホーツクの海・・・・・








大荒れです
2.jpg
ウトロ観光のホームページを見たら、全便欠航



残念とか言うレベルじゃないです。
4.jpg
こりゃ、船を出したら転覆するなって、納得のオホーツクです。







ウトロのオロンコ岩
3.jpg
巨大な岩です。ぜひ行ってください。





それじゃ、二度寝して、朝食をゆっくり食べましょう
5.jpg
素泊まり 朝食付きです。








ウトロの港には、オロンコ岩
3.jpg
無題.jpg
のぼれます。   晴れてたらね。。。





オロンコ岩の他に、ゴジラ岩
6.jpg
3年連続でウトロに来てますので、得意になって息子たちに自慢します。





雨が厳しいので、道の駅に併設されている、知床世界遺産センターに入ってみます
7.jpg
実写版 チョッパー







ウトロ近くのオシンコシンの滝
9.jpg
復興フラッグキャラバン!!



なかなかいい場所だろ
8.jpg
海沿いの国道から見える滝です。




その時の海は・・・・
201501025_27.jpg
滝よりも、ど迫力












昨日立ち寄った天空へ続く道

ここからオホーツクを見ると
uvs151112-001.jpg
コレも迫力ある道と海だよね










そこから、網走をとおり、メルヘンの丘
11.jpg
白いのがポツポツ来たね~














知床半島クルーズが欠航になったため、その予算は・・・・・・・






子供達が喜ぶことに使おう・・・・・・・








朝から決めてました!!



北見に行ったら、絶対行きたい回転ずし
original.jpg
回転ずしトリトン




トリトンって言ったら、コレだよね
img_0.jpg
おじさん おばさん世代ですけど。





変な名前だと侮るなかれ

北海道のガイドマップにも必ず載っている、超お勧めのお店です。




回転しているのは、サンプルみたいなもの

何人もいる職人さんに、紙にオーダーを書いて出して、握ってもらいます。


シャケ三昧
13.jpg



三色盛り
12.jpg
すごいんですよ



エビマヨやネギトロ等、軍艦も充実
14.jpg
でかいエビがもっこり乗ってます。






ちょっと、箸上げ
DSC_2080.jpg
オオオオオオオオ~   ネタが新鮮ででかい!!




ネギトロ~
DSC_2084.jpg
ウオオオオオオオオ~   普通の店の3倍乗ってるんじゃないかな






男3人 ガッチリ食べて、お値段税込6382円


ひとり、税抜2000円弱



もうすごいですよ。トリトン


仙台の回らないちょっとした寿司屋とでも、まったく比較にならないうまさ!!
DSC_2080.jpg
函館の朝市以上の海鮮を満喫しました。
(こっちの方が安かったし、種類も多いし、刺身類もスゴイし・・・)





私も息子たちも大満足で、次の場所を目指します。







目指します
15.jpg
なんか、雲行きが・・・・・・・・









予感的中
16.jpg
スタッドレスに変えててよかった






北海道に何回も来ていますが、雪の北海道を走るのは初めて
17.jpg
あの、赤い↓矢印、ここまでが道路だって教えるためにあるんだぜっ





北海道知識を、ここでもしつこく披露






そして、ついに、この車両を目撃
18.jpg
今シーズン、初めての出動です。






北見から39号線を走り、大雪山方面を目指します。








目的地ははココ
19.jpg
三国峠 緑深橋からの超絶景





松見大橋です。
1444390463.jpg
akumakozo親分のブログから拝借

ここからの風景、松見大橋以外、見渡す限り、人口建造物がないのです。

それだけに、大橋の赤が、目に飛び込んできます。








こんな景色もみたいですね
三国.jpg
はぁ~  たまんね~





雪の三国峠もおつなものです
20.jpg
さて、真っ暗になる前に、先を急ぎましょう。



もう一ヶ所、明るいうちにいきたいところがある。










20キロくらい走り、道端に車を停め
21.4.jpg
森の中を進みます





タウシュベツ橋梁
21.5.jpg
水没する、近代化産業遺産です。




画像ではわかりませんが、けっこう薄暗くなってます
21.6.jpg
なんとか、橋梁の一部が、湖面にでてますね。




それじゃ、ここでも
22.jpg
復興フラッグキャラバン!!









本当は、タウシュベツ橋梁の近く、糠平湖のキャンプ場に泊まろうかとも思ったのですが、

急に翌日行きたい所ができました。





三国峠を降りてきて、暗くなったけど、雪もなくなったので、一気に走ることにしました。



何といっても、今回は、長男がいます。




士幌町~音更町まで南下。

ガソリンを入れて、コンビニで軽食を買って、高速に乗ります。

長男に運転を代わり私は仮眠    一路札幌に向かいます。







札幌では、写真を撮っただけ
23.jpg
復興フラッグキャラバン!!! 時計台!



そのまま小樽に向かいます。


小樽と言えば
24.jpg
復興フラッグキャラバン!!! 小樽運河!





ネットで、宿泊出来る温泉銭湯を見つけました。

今日の宿は、小樽温泉オスパ
31.jpg
フェリーで小樽に上陸する人には、おなじみでしょう。




普通のスーパー銭湯です
32.jpg
セイコマートやJAFの会員は650円

泊まる場合は、+1200円




泊まると言っても、営業終了した食堂が開放されるだけ。
33.jpg
毛布や枕は別料金なので、パス


3人各々ごろ寝です。




あっ、今日の夕食は、隣のセイコマートでかったおにぎりです。



さあ、一気に道央まで来たので、翌日は、また楽しみです。



















短いですけど、冬のオホーツクの様子をお伝えします。

全便欠航は仕方ないと、納得させられる海でした。




北海道親子旅 2日目 [北海道ライダー]


北海道親子旅  番外編 akumakozo親分謝罪編はこちら

北海道親子旅  一日目はこちら



---------------------------------------------------


10月24日 土曜日



走ろうぜぃ本部では、昨晩、ママさんから、本物ししゃもを出していただきました。
0.5.jpg
ちょうど、旬の時期に訪問しました。

偶然です。 断じて!!    





そして同じく昨晩、本部名物、甘納豆赤飯
0.6.jpg
hoshizouが来るということは、それほどおめでたい事なのです。









さて、翌朝の朝ごはんも豪勢です。
0.7.jpg
ママさんが漬けた、イクラの醤油漬け!!(右上)

これがまたうまいっ



焼鮭でしょ。   そして、焼き明太子(親分は生が嫌い)。

teamRANZANでは、おかずとごはんの割合は決まっているので、それらを味わうには、3膳ご飯をいただかなくてはいけません。

おかずだけ食べるのは、鉄の掟に反するので、お代わり!!!




見立て通り、三杯いただきました。











さて、朝食後、案内していただくところがあります。





釧路 といえば湿原ですが、もう一つ、






これです
1.jpg
丹頂鶴   単にタンチョウとも言うようです。



特別天然記念物であり、絶滅危惧種です。
2.jpg
丹頂鶴は、日本を代表する鳥で、とても神聖なもの。





千歳飴にも必ず載ってる、人気者です。
800px-Long_stick_of_red_and_white_candy_sold_at_children's_festivals,chitose-ame,katori-city,japan.jpg
これぞ正しく、鶴!!!







でも、絶滅危惧種。野生の丹頂鶴なんて、見ることはできるのでしょうか?






akumakozo親分の車で、穴場に連れて行ってもらいます・・・・・








あれっ  白いものが動いている!!























スーパーのレジ袋でしたっ


























あっ、また、二つ 白い物体が!!




イター
6.jpg
本物です。







私は、この為に、デジイチを持ってきました。




飛んだ~
4.jpg
丹頂が飛んだよ~




そりゃ、鳥だから飛ぶだろうけど
5.jpg
それでも、うれしい!




丹頂鶴は、夫婦で行動
3.jpg
タンチョウは夫婦の絆がとても強く、つがいになると一方が死ぬまで生涯同じ相手と添い遂げ、相手が死んでもその場をなかなか離れないこともあるそうです。

うーーーん。   我が家とはえらい違いだっ








短いですが、動画をつくりました。

好きな曲なんですよね。















釧路の目的を果たし、一度本部に戻り、コーヒーをいただき

恒例の儀式
uvs151110-006.jpg
何で謝っているかというと・・・・・

何パターンかのウマウマを撮影後、カメラを見たら・・止まってた・・






なっに~
120220_004846_import.jpg
よくやるんです



ちなみに4年前、本部でもやらかしました。












親分には、息子たちが泊まっている釧路市内のホテルに送っていただきました。


本部に泊まれよと、親分には誘われましたが、息子達だけで見知らぬ土地に泊まり、夜の街を冒険するのも楽しいだろうと、別行動にしました。








送っていただきありがとうございます。
7.jpg
このホテルも、親分情報で、安くて朝食がいいホテル。

息子たちも喜んでいました。






親分とは、ここでお別れです。
大変お世話になりました。
8.jpg
また、お会いしましょう。

それまでお元気で。    ありがとうございました。






親分とお別れすると、北海道の空も悲しいのでしょう。

雨が降り出しました。   


釧路の空よ。そんなに泣くなよ。  また、すぐ会えるさっ。














雨のなか、昨日行けなかった、釧路湿原の細岡展望台に行きました。


おおっ これが釧路湿原かっ
10.jpg


凄いです。でかいです。広大な湿原が広がります。
9.jpg






お前たち。どうよっ
11.jpg



すごいんだけど・・・・雨が・・・
12.jpg






カッパを来て再登場
13.jpg



釧路湿原で復興フラッグ!!
14.jpg
すごいね。

何で今まで、ココに来なかったのだろう。

北海道、すごいぜっ












その後 弟子屈(てしかが)の町で傘を3本購入 

摩周湖に来ました。





きりの摩周湖
15.jpg
湖面が見えません。



しばらくすると、なんとなく見えたかな。
16.jpg
カムイシュ島もうっすらと。

ちなみに、次男の傘は、初めて使ったこの摩周湖で、骨が折れてしまいました。。。











摩周湖を見た後は、もう一度弟子屈(てしかが)のコンビニに戻ります。



















さっき、akumakozo親分には、またすぐに会えるさって行ったけど・・・・・・






ホント、すぐに会えた♬
18.jpg
細岡展望台で、ビデオを取り出した際に、ケースが無い事に気づきました。

ケースの中には、予備バッテリーが4本入っています

確認の為に電話したら、ママさんが出て、車の中にあったって言ってたわよ

よかった、後で、自宅に送ってくださいって言ったら・・・・・

本人、届ける気マンマンだよって・・・・




親分と電話を代わっていただき、弟子屈のコンビニで落ち合う事になりました。

120キロぐらい、走ってやるよって。。。。ありがとうございました。。




その時私は、片道60キロ 往復120キロだと思ってましたが・・・・

よく見たら、片道120キロ 往復だと240キロです。。。





親分、すみません。

これ、おやつに仙台から持ってきた、せんべいです。

こんなもんしかありませんが、、、、気持ちですっ
17.jpg
イヤイヤ 気を使うなよ の 図




本当にありがとうございました。

バッテリーを渡して、すぐに帰る親分
19.jpg


さようなら、またお会いしましょう。
20.jpg
また、すぐイヤ ちょっとしてから会いましょうね。


ありがとうございました。
21.jpg
この見送りは、まるせい果樹園イズムです。


観光バスが、見えなくなるまで手を振ってお見送りをする
22.jpg
東北人の美徳ってとこでしょうか?








ココだけの話、道路が渋滞していると、ずっと手を振り続けなくてはならないので大変です。

今年のさくらんぼ狩りのお手伝いの時の大渋滞。

私は2時間、手を振り続けていました。

血が手のひらに集まって、2倍くらいの大きさになりました。  ハイッ











親分と別れて 弟子屈を北上 斜里町から知床半島を目指します。




途中、子供達に見せたい場所で車をとめました。





天まで続く道  名前のない展望台です 
23.jpg
北海道だろっ



北海道って、いろんな名所はあるけど、その場所に移動する道の風景がすごいのよ。
24.jpg
別に、私が作った道でもないけど、息子たちに自慢しまくりです。




ンじゃ、ここでフラッグを揚げるかっ
25.jpg
復興フラッグキャラバン!!







さて知床での宿は、昨年も一昨年もお世話になった、ウトロ野営場を予定しています。
28.jpg

コレは昨年の画像です。
29.jpg





ウトロに向かう途中、雨が上がり、オホーツク海に沈む夕日
道端に車を停めて、見ます。
26.jpg
子供達は、オホーツク海を見るのは初めてです



なっ オホーツク海の夕日、すごいだろ
27.jpg
とりあえず、自慢します


いい思い出になったことでしょう。








で・・・・・・





日没後、野営場に着いたら・・・・・・





今年の営業は終了・・・・・・・・




天気予報を見ると、明日の道東・網走地方 大荒れ・・・・・・






キャンプはもとより、車中泊も中止




民宿に電話をかけまくり、食事の用意が出来るところを探しまくり。
(流石にコンビニ食が続いたからね・・・・)


でも、どこもこの時間では、素泊まりのみ。

まあ、しゃあないわな

コレも北海道の醍醐味だぜっ












荷物をおいて、ウトロ野営場近くの温泉にいきます
夕日台の湯.jpg
三年連続の夕陽台の湯

貸切状態の露天風呂で、一日の疲れをとります。

釧路湿原では、雨が降ったけど、夕日も見れて、なかなかいい一日だったなっ




民宿に戻る途中のコンビニ

SEICOマートで、弁当調達
uvs151110-005.jpg
長男は酒が飲めません。



じゃんけんで勝った次男が一人部屋をゲット

長男と私が相部屋で、長い10月24日が終わります。




翌日は、今回の北海道旅行のメイン

知床半島クルーズです。




8時30分出航なので、その前に起きて、知床横断道路を走り、知床峠で朝日を見ようぜ。




果たして、この計画は、成功するのでしょうか?






北海道親子旅 1日目 [北海道ライダー]



7年連続 13回目のツーリングの予定が、仕事の都合でいけなくなりました。






あーあ   今年はバイクシーズンがおわっちゃったな~~





それでも行きたい北海道




akumakozo親分もいるしね。









というわけで、今回は、初の車での北海道!!


車なので、息子二人も休みを合わせての親子旅!!





10月22日 木曜日  会社終了後家に帰り、夕飯を食べて20時出発
1.jpg
東北道を北上


余裕を持ったつもりが、仙台南ICに入るとすぐに、通行止めの表示

仙台西ICで下される

予定外にあわてながらも、下道を走り、泉ICから再度東北道

青森、2時40分発の津軽海峡フェリーに乗りこむ
2.jpg
今回楽だったのは、途中、長男と運転を代わる事が出来た事

30分でも寝ると、頭がすっきりします







4時間のフェリー 貸切状態の中、仮眠します
3.jpg
6時20分函館港に入港





函館山からのぼる朝日
4.jpg
とてもいい天気です






まず向かったのが、函館の朝市
uvs151104-026.jpg
やっぱり、観光客向けの市場になってますね



珍しいというより、高価なお土産品が並んでいます
7.jpg


旅行だと、つい気持ちが大きくなって、買っていまうんだよね
6.jpg


5.jpg







ここでは、楽しみにしていた海鮮丼を喰らう






朝から、しかも初日から


次男のいくらドーーーーーン
8.jpg




私のうにドーーーーーーン 2500円
9.jpg
ちょっと高いな。観光地料金かもっ





そして、生ものが苦手な長男の

たらばがにドーーーーーーン 3000円 カニ汁付
10.jpg







そして、あまりにいい天気だったので、函館山にも上っちゃう
11.jpg
夜景のスペシャルタイム以外は、車で山頂まで登れます

バイクはダメです



すごい!!
14.jpg
函館の絶景



イイネ
12.jpg




子供達も喜んでいます
15.jpg
連れてきてよかった



青森の下北半島も見ることができます
13.jpg







函館の朝市で散財し、函館山を楽しんだ後は、高速道路で釧路に向かいます
16.jpg
本州からフェリーで北海道に渡る人
高速移動が多いのなら、ETC乗り放題+フェリー乗船券 がお勧めです

函館から高速で釧路に行くくらい乗ると、元がとれる金額です

私は、浜通りの一般道をバイクで走るのが好きなのですが、

今回は車なので高速道路を多用します








でも、函館から釧路は遠かった




本当は、釧路湿原の細岡展望台から夕日が見たかったけど、間に合いそうもない




akuma親分に連絡をして白糠町のコンビニで待ち合わせ
17.jpg
夕日のスポットに案内していただきました






馬主来沼です
19.6.jpg
釧路湿原の一部ですね




親分 ご無沙汰しています
18.jpg




りんごもいっしょです
19.4.jpg
なかなか美人に撮れてますね











国道沿いの高台に上がると
19.5.jpg




さあっ 夕日ショーの始まりです
19.jpg






20.jpg




馬主来沼と、太平洋に夕日が沈みます
21.jpg
太平洋に夕日が沈むって、普通ないよね。絶対ないよ




22.jpg



23.jpg





ここで、親分との再会を祝って、一緒にフラッグ!!
24.jpg
親分、素晴らしいところにご案内いただき、ありがとうございます




こうして、初日が終わりました



今回のブログには、オチはないです















10月で、プロテクター強化月間が終了しました




それは、強化月間だから装着するのではなく、日常的にプロテクターを装着する事を誓う、自分自身に対する誓いと思ってください


その意味で、11月1日  

本当に久し振りに、フルプロテクターモード  バトルスーツ完全体になりました
1610989_793690904110235_6261283183134440330_n.jpg
なかなか登場することはないモードです



皆さんも、この半分くらいでいいので、プロテクター装着をしてくださいね

万が一の為にっ



北海道の旅 謝罪編 [北海道ライダー]

2015年 9月


7年連続 13回目の北海道ツーリングを諸事情により、諦めました。






しかし、10月

走ろうぜぃのakumakozo親分の逆鱗に触れ、急遽北海道に謝罪に行くことになりました。
0.jpg
これがうわさの、『走ろうぜTシャツからチーム旅に着替えた事件』












家族には、

akumakozo親分が怒っているんだから仕方ねーじゃん
旅費、ちょっと助けてねっ





会社には、

akumakozo親分が怒っているんだから仕方ないのですよ
有休使います





クライアントには、

akumakozo親分が怒っているので仕方がございません
次週に調整いたします



















やりくりをして、10月23日 夕刻

本部に参上しました。


















怒っているakumakozo親分に対して
1.jpg
















誠心誠意お詫びをして
2.jpg















一言も、言い訳することなく
3.jpg















心のままを言葉にして
4.jpg
















飾らない言葉は、ストレートに伝わるものです
5.jpg















ありのままに
6.jpg
















男は心で語るものです
7.jpg
















沈黙の中でも、分かり合える真の男たち
8.jpg






9.jpg


















uvs151104-030.jpg



















こうして親分の怒りおさまり











翌日 快晴のなか
12190020_791968820949110_5095598422001780142_n.jpg





一番楽しみにしていた、ウトロ発・知床半島クルーズ を楽しんだのでした
88.jpg
全便欠航だって・・


















雨降って地固まる

親分との絆は、ますます強固なものになったのでした。




なっ  そうだろっ   リンゴっ








uvs151104-030.jpg






俺の北海道ツーリング 2014 [北海道ライダー]


2014年 俺の北海道ツーリング



動画が完成しました。




年に一回だけ、ウケを狙わない真面目な動画を作ります。





今回は、天候に恵まれず、スカーーーとした

青い空  青い海  海岸線 北方領土  がありません。
17.jpg
どよ~んとしているんだよね









楽しみにしていた、直線道路もしっかり見えませんでした。
18.jpg
この道も、青い海に続くと、もっと素敵でしょう

そもそも、カッパ着込んでいるし







オンネトーの青い湖面  見たかったな~
14.jpg









それでも、やっぱり北海道ツーリングは楽しいわけで・・・・











今回のプランは、これで決めました。

バイブルはコレです
CIMG4918.jpg







道東の見どころの説明と、その場所の配置を見て、ルートを決めるのです。
CIMG4920.jpg

行きのフェリーの中で、ナビに登録して、最終ルートを決めました。


信号が少ないところを走るので、ナビが計算した時間より、だいぶ早く動けるのが北海道のポイントです。


今回はすべて明るいうちにテントを設営するという、これまでにない余裕プランでした。













今回は、天候に恵まれず、感動的なシーンはありませんが、

それでもやっぱり、北海道はたのしいな~

ほんと楽しかったです。







この動画を見ると私は、

オンネトー温泉の硫黄のにおいとか

神の子池の透明さの驚きとか

名もない展望台に立った時の、365度パノラマの感動がよみがえるのです。



だから、行かなきゃダメなんだ!!

なんてつぶやいてしまう。


行った人はわかるよね。



そして、感動するのは、ポイントじゃなく、そのポイントに行くまでの過程の道なんです。

うぉぉぉぉぉぉって叫びなくなる、名もなき道が、私は北海道の醍醐味だと思っています。

なので、私の動画のメインは、観光地じゃなく、名もなき道の風景なのです。

歩道との境界線を示す赤い矢印  『↓』

矢印が並ぶ道を走る、ZZR!! たまりません。




もし、これがZZRじゃなくて、みなさんのバイクだったら・・・・・


来年はぜひ北海道へ

その為に、今から会社と家族に対して準備を始めましょう。

















次回予告(いつになるかわからないけど・・・)






誰も見向きもしないマイナーな観光地

ここを降りねばならない
41.jpg
ロープが張ってあります








グローブを装着して
42.jpg
ほとんど崖を降りていきます




結構おります
43.jpg












降りると、そこには道がない
44.jpg
さらに進みます








熊笹の中をワリワリ進みます
45.jpg
目の前に飛来する、小さな虫がジャマ









川の音がします 









進むしかありません
46.jpg
ここでよぎるのは、野生動物との遭遇








クマも怖いけど、シカだってでかくて怖いよ












そして、私の目の前に現れたのはっ!!!
47.jpg


次回 北海道ツーリング マイナリスト編  お楽しみにっ


























2014北海道ツーリング ダイジェスト [北海道ライダー]



2014年9月11日 16時に仕事を早退(半日有給)

フェリーに乗って・・・・・・






走って






9月16日 仙台港到着    12時出社(半日有給)







そんな日程で、走ってきました。北海道





写真でつづる北海道!!!





12日 13時30分
01.jpg
いつもの日高町のセイコマで昼ごはん

おにぎりとカップヌードル
02.jpg
ここは必ず立ち寄るポイントです。



日高峠の入口付近
03.jpg
デカッ

そして、日勝峠をバビューーーン
04.jpg
帰り道には、泣きべそかく事を、この時は想像だにしていなかった




大好きなオンネトーのキャンプ

20キロ離れた阿寒湖温泉に買い出し。

帰りに近くの景福に立ち寄ります。
13.jpg
ここの風呂がまたいいんだ!!


すっごい広い露天風呂
05.jpg
こんなでかい露天風呂はなかなかありません。
06.jpg
硫黄の白濁色のお湯
無題.jpg



面倒だけど、いったん服を着て、内湯にも行きます。
07.jpg
ここは透明のお湯

なんと、風呂の底の砂利からお湯が沸きだしています
08.jpg
湯船から、逆にパイプが出てるでしょ。


景福の玄関では、すでにストーブに火が入っていました。
09.jpg
お湯はぬるめなので、長湯しました。





景福をでると、まさかの雨
10.jpg
テントの中で食事です。
11.jpg
それもまた、キャンプの醍醐味


雨音を子守唄に、楽しかった9月12日が終わります。












翌朝、小雨が降っています。

12.jpg

オンネトーに別れを告げて
14.jpg
弟子屈~摩周湖を走ります。




初めて見ました。
15.jpg
『霧の摩周湖』

今までずっと晴れていたんです。



雨は上がりましたが、気温が低い


時折ぱらつくこともあるので、ずっとカッパは着てました。




硫黄山
16.jpg
有料の駐車場には入れません・・・・・






その後、屈斜路湖~美幌峠を走りましたが、楽しみにしていた美幌峠は小雨。

駐車場にとまることなく、網走方面に向かいます。



メルヘンの丘
17.jpg




いくつかのポイントを訪れて、知床半島


オシンコシンの滝
20.jpg

ウトロの、知床野営場でキャンプ
21.jpg

夕日~
22.jpg










ここでちょっと、北海道 道東直線シリーズ

ドーーーーーン
18.jpg
海へ続く直線




ドーーーーーーーーン
19.jpg>
名もない展望台の直線





そして・・・・・・・





ドーーーーーーーーーン
24.5.jpg
ライダーの聖地   開陽台 北19号



24.6.jpg
ピーーーース






ダイジェストのつもりで、1ヶ所1枚の写真なのに、随分アップになってきた。






明け方、まさかの雨のウトロを出発


知床半島横断道路
23.jpg
知床峠を羅臼側に越えると、雨があがっていました。



養老牛の牛文字
24.jpg


神の子池
25.jpg



そして、akumakozo親分の待つ、釧路着





リンゴをつれて、海岸散歩
29.jpg
お利口な犬です。



26.jpg
途中レスキューヘリが飛んできたりして


親分大喜び
27.jpg
東京支部長の池っち   地元のジャンボさんも一緒


28.jpg
親分 満面の笑です。


夜は、ママさんの手料理
30.jpg
本物のししゃもを食べました。











北海道最終日は、akumakozo親分 池っち と3人で走ります
32.jpg


飼料用とうもろこしの収穫風景
31.jpg
スケールがでかいです。


幸福駅で、とり天さんのメッセージを探したり
33.jpg
10636138_560437450768916_5322015094613930588_n.jpg


帯広の六花亭本店で、賞味期限3時間のスイーツを食べたり
34.jpg
35.jpg
学生ライダー 遊戯君です。





親分 池っち お世話になりました
36.jpg
親分も、満面の笑



ここで、お別れです。
37.jpg
最後は、笑顔でサヨナラ   また来年!!








最期は、日勝峠でパンクしながらも
38.jpg
はーーーびっくり






無事 フェリーに乗り込み
39.jpg
翌日、そのまま出社





ノー残業、ノー水泳で家に帰り
10606535_561632107316117_5161623693539881179_n.jpg
北海道ツーリング2014は、幕を閉じたのでした。







ダイジェストのつもりが・・・長ーーーくなってしまいました。



北海道ネタは、あと3回はやる予定ですが・・・・

時間がかかりそうです。。。。。。

いつものことだけど、それだけ内容が濃い、私のとっても大切なイベントなのです。

hoshizou



嗚呼っ 北海道  [北海道ライダー]





北海道を走ってきました。







走ったルートをなぞり
securedownload.jpg






道だけを表示さても
securedownload2.jpg
なんとなく、どこを走ってきたかわかるような形です。





移動のフェリーを除くと、3泊4日で、ご覧の通りの海岸線をはしってきました。









苫小牧から小樽に抜けて

そこから、左手を海に向けて走り続けると、一周して、また苫小牧にもどったという事です。








それでは、写真だけ紹介します。

uvs130910-002.jpg


uvs130910-004.jpg


uvs130910-003.jpg


uvs130910-005.jpg


uvs130910-007.jpg


uvs130910-006.jpg


uvs130910-008.jpg


uvs130910-009.jpg


uvs130910-010.jpg


uvs130910-013.jpg


uvs130910-011.jpg


uvs130910-014.jpg


uvs130910-015.jpg


uvs130910-016.jpg


uvs130910-017.jpg


ここから、akumakozo親分とゼンコちゃんとのツーリングです。
uvs130910-018.jpg


uvs130910-022.jpg


uvs130910-020.jpg
全てに、自分が入っているのがポイントです。

風景だけじゃ、ダメなんですっ   自撮ラーとしてはっ







北海道


北の海と道を堪能した、ツーリングでした。



いつか、動画を編集してアップいたします。



前の10件 | - 北海道ライダー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。