So-net無料ブログ作成

ショート動画集 [自分が大好きシリーズ]


ニッカウヰスキー 余市工事用

連続テレビ小説 マッサンの舞台でもあります

これは、ドラマファンだけじゃなく、近代化産業遺産を愛するマイナリストとしても、心惹かれます







とにかく明るいhoshi村

こういうの、すぐに作りたがるんですね

受け狙いの為だけに、15時間以上かかりました






happy RIDE

新地町の浜街道

復興フラッグの下での待ち合わせに、ちょっと時間が合ったので、走ってきました。

私たちがビーチクリーンしている浜で、親子連れが遊んでました。
ほんのわずかしか貢献していない私達ではありますが、それでも、HAPPY!!!!







釧路の丹頂鶴

野生の丹頂鶴を見ることができました

地元のakumakozo親分に案内してもらいました

常に夫婦で行動しています。
わが家とはえらい違い・・・・・・・












わが家でブームの番組がコレ

20151022142447.jpg
毎週自動録画登録されていて、食事時にみています

実際に放送されている0時過ぎに見ると、ついつい、何かを食べたくなってしまう恐怖の番組

夜食テロって言われてますね。

まるせい果樹園が作ってくれたhoshizouリンゴを、ありがたく頂戴する為に作った動画です。




RANZANグルメ


知らない人が見たら、なんだかわからないという動画です。








最後は、バイク乗りのブログらしく、53台で走る動画でお別れです


バイクって、ソロでも、愛する彼女とのタンデムでも、親友との2台でも、気の合う仲間とのグループでも

そして、このような大人数での走行も、それなりに違った楽しさがあるよね。


バイク乗りに生まれて来て、本当に良かった。




さらば デリカスペースギア [バイク以外]

もう2か月も前の話です。



19年乗り続けてきた、デリカスペースギアに分かれを告げました。

1.jpg
次男と同じ歳ですからね



好きだったな このかたち
2.jpg
ワイルドで、俗にいうワンボックスとは、一線も二線も違ってた


実家の二階に台所やトイレ、そして子供部屋を増築して、二世帯にして
9.jpg
家族全員が乗ると、5人乗りじゃダメだから買い換えようって


あの時は空前のRVブームで、ホントはパジェロかハイラックスサーフがほしかったのだけど
3.jpg
それは、高嶺の花ってあきらめてた


でも、ワンボックスカーにしようとなった時、目がキラーン
4.jpg
嫁さんは車に詳しくないので、デリカスペースギアにしました


運転席がとっても高くて、見通しがとてもいい
5.jpg
年老いた両親や嫁さんには、乗り降りが大変って不評だったけど


私はとっても愛着をもってました
6.jpg
新型が出ても、乗り換えたいと思ったことなかった


ミラーもでかいので、駐車場に入れる時、白線がよく見える
8.jpg
スーパーの駐車場で重宝します


とっても広かったから、寒い時、なかなか暖かくならなかったけど
9.jpg
それだけ、空間が広いので、とっても快適だった


最後の日、しばらくやってなかった、対面シートにしてみた
IMG_0807.jpg
昔は、よくやって、あそんだっけ











正直言って、まだまだ手放したくないデリカですが・・・・・


デリカを手放す理由は、父親のクラウンを私が譲り受ける為です。


高齢者の父親は、やはり運転がかなり危なく、軽度の事故を頻発するようになりました。


とはいえ、高齢者から免許を取り上げるのって、意外に大変です。

本人のプライドもあるし、生きがいもあるし・・・・・


なので、デリカが調子悪くなり、父親の車を譲り受けるという事にしました。

  



私は車通勤なので、必然的に父親も車に乗らなくなります。

やっぱり、車庫に車があれば、もう、乗らないと決めても、ぶれるものです。







さて、デリカを手放すのですが、19年も前の車で、値段はつかないと思いつつ。

でも、廃車費用の足しにでもなればと、中古車販売検索ネットを利用しました。







5社から連絡があり、そのうち4社が見積もりに来てくれることになりました。
01.jpg



指定した日に呼んだので、そのうち3社が、鉢合わせになりました。
02.jpg
19年前の車ですが、デーゼル車の需要があり、値段が付きました。


一番高く見積もった会社に頼み、それは、北海道親子旅の費用となりました。









ここで、皆さんに、注意を呼び掛けます


実は、私は、廃車や買取を想定して、いろいろネットで事前に調べておきました。

案の定、落とし穴が待っていましたが、対処することができました。





それは、自動車税の還付です。

引き渡し時に用意するのは、実印と印鑑証明

現金引換えです。




三枚の書類に捺印を求められました。

『私は素人なので、これらの書類の意味を教えて』



そのうちの1枚を、業者は、こう答えました。
『登録や税金関連の処理を、すべて一任するという書類です』


コレです。
これは、登録抹消に伴い、事前に支払っていた自動車税過誤納金還付を、私ではない人にする書類。

要は、多く払った税金の受け取りを、業者にするという書類です。


『ちょっとまって、なんで過剰に払った税金を、貴社がもらうわけ?』
01.jpg
業者の言い訳
『それは、買取の常識です』


『その常識は、あなたたち業界の常識かもしれないが、素人の私は知らないですよ。』


『そもそも税金は戻ってこないものなのです。』


『それは、重量税の事でしょう 自動車税はちがいますよね』
(すごいごまかし)


『この還付金も含めて、買取価格を出すのですよ』



『それを知らない素人の私が悪いのか、その素人に伝えない貴社が悪いのかどちらでしょう?』
『平行線の議論になるので、ここは、第三者の公的機関に判断してもらう方がいいですね。』


だてに、長い間、コールセンターでクレーム応対をしていたわけではありません。

感情的にはならずに、理論的に、落ち着いて・・・・・



結果として、交渉の結果、24500円の還付を、私は受けました。




得したというわけではなく、損しなかっただけですが・・・・






デリカとの思い出は、最後、ちょっとケチがつきましたが、デリカが残してくれたお金が、北海道親子旅になったのですから、やっぱり

『ありがとうデリカ』ですね。






皆さん。

大切な車やバイクを売るとき、気を付けてくださいね。




北海道親子旅 最終日 [北海道ライダー]

北海道親子旅  番外編 akumakozo親分謝罪編はこちら

北海道親子旅  一日目はこちら

北海道親子旅  二日目はこちら

北海道親子旅  三日目はこちら

北海道親子旅  四日目はこちら



----------------------------------------------------




10月27日 火曜日

北海道親子旅 最終日です。






前日は、車中泊する場所が、まさかのクローズ
立待岬4.jpg
立待岬


20時以降は、入れなくなります。
立待岬2.jpg
最初はちょっと恨んだけど・・・・・





仕方が無いので、我々が車中泊場所に選んだのが
18.jpg
函館山







結果的に、このおかげで素晴らしい風景を見る事ができました。









この函館山の夜景は、あまりにもメジャー
16.jpg
皆さんも見た事あるでしょう。















この夜景が
16.jpg

201501027_07.jpg
こうなります。






函館山から見る朝日
201501027_03.jpg
これは感動ですよ。







このあたりは、後程動画で






この日は天気がとてもよかった。



なので、朝日に照らされた函館山の影
201501027_21.jpg
函館山のてっぺんの影が、函館湾の対岸に写ってます。



こういう事です。
函館山.jpg
函館山の斜面が急  海から、そそり立っています






よく見ると、
201501027_23.jpg
てっぺんあたりに人影が見えないですか。

あれ、私です。







太陽が上がるにつれて
201501027_31.jpg
影は、海に入ります。





すごいでしょ
201501027_32.jpg
てっぺんあたりに人影が見えないですか。

あれ、息子です。






わずかの時間で影が近づいてきます。
201501027_35.jpg
1分立たないのに、船と山の影の距離が離れてます。












このあたりの様子は、動画をご覧ください

親子旅の様子も、ビデオに撮っていますが、完全にホームムービーです。

運動会の娘の玉入れを撮るお父さん的な、家族の記録なので公開してないのですが、この最終日の函館山だけはちょっと見る価値があります。

函館山のところ、いいですよ。








その後、函館港を後にして、大間に渡り


本州最北端で写真を撮って
uvs151103-025.jpg
大間温泉 海峡保養センターで、温泉に入って




長男と交代で、下北半島から八戸に抜けて東北道を南下
IMG_0923.jpg
岩手山で夕日を見ながら


夕食は家の近所のサイゼリアでとって
201501027_57.jpg
20時49分  2662キロに及ぶ、北海道親子旅は、幕を閉じました。






あれから、5週間がたったのですね。

早いような、ずーーーと前のような・・・・・・






今度は、また車で、京都あたりに行こうかな   と、皆で話し合っています。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。